「森保一」

森保一(もりやす はじめ)
森保一

1968年8月23日、長崎県出身。1987年にマツダ(現サンフレッチェ広島)に入団。92年に日本代表に招集され、アメリカW杯アジア予選も戦った。京都パープルサンガ、ベガルタ仙台を経て、2003年に現役引退。引退後は指導者の道へ進み、年代別日本代表のコーチなどを経て、コーチとして広島に帰還。アルビレックス新潟のヘッドコーチを経験し、12年に広島の監督に就任。その年にJ1を制すると、翌年には連覇を達成。15年には就任4年目で3度目となるJ1優勝を果たした。2017年10月12日、東京五輪代表の監督に就任。2018年4月、西野朗監督の日本代表監督就任にともない、日本代表コーチに就任。2018年7月26日、五輪代表兼任のまま4年契約で日本代表監督に就任。(写真/アフロ)

「森保一」の記事一覧
「森保監督に分析して説明してたのかな?」神戸と川崎の国立決戦を視察した「森保監督と日本代表分析官の2ショット」が話題に! セビージャで欧州EL2度制覇の実力者
サッカー批評編集部
【アジアカップ・ベスト8敗退で、森保監督に聞きたいこと(2)】「イラン戦の選手起用」と「声で引っ張るリーダーの不在」……決まっていた信頼できる選手
サッカー批評編集部
【アジアカップ・ベスト8敗退で、森保監督に聞きたいこと(1)】イラン戦後のピッチ上で対照的だった相手選手の感情の出し方との違い……本気度を問う「指揮官への3つの質問状」
【アジアカップ「ベスト8で撤退」4つの要因】「揃っていた長身DFと速いFW陣」3バックの選択肢はなかったか、武器にならないセットプレー…アジアでもたついているチームがW杯で上位に食い込めるのか【サッカー日本代表分析】(2)
戸塚啓
【アジアカップ「ベスト8で撤退」4つの要因】森保監督自身が「敗因」と認めたイラン戦の采配――毎回逃れられないコンディション問題も【サッカー日本代表分析】(1)
戸塚啓
【「アジアカップ」準々決勝イラン戦へ】5年前のリベンジに燃えるイラン、“伊東純也離脱”の右サイド「毎熊晟矢・久保建英・堂安律」の連携が武器に!カギを握るセットプレーとGK【サッカー日本代表分析】(2)
戸塚啓
【「アジアカップ」準々決勝イラン戦へ】攻撃面“本領発揮と復活”際立った「2つの個」、守備面“遠藤航が語った”「盤石のゲームプラン」と「次への準備」【サッカー日本代表分析】(1)
戸塚啓
「選手」「監督」両方で制覇は史上初 サッカー日本代表・森保監督が語る「アジアカップ優勝」秘話 大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第130回(3)
大住良之
サッカー日本代表初のプロ監督が見い出した「モリ・ホイチ」 大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第130回(2)
大住良之
「魂込めました。足に…」森保監督が語るアジア杯「キング」の一撃  大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第130回(1)
大住良之
「堂安律と中村敬斗の連携に大爆発の予兆」「森保一監督の選手起用と采配」【アジアカップ「波乱のグループステージ分析」サッカー日本代表「決勝トーナメント攻略」の激論】(3)
大住良之,後藤健生
「ドーハの悲劇」のスタジアムで日本代表、またしても敗北…【イラク代表vs日本代表】原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 59