「愛媛FC」

愛媛FC

ホームスタジアム/ニンジニアスタジアム(入場可能数:20,919人)。ホームタウン/愛媛県/松山市を中心とする全県。チームカラー/オレンジ。クラブ名の由来/愛媛県全域をホームタウンとするチームのため、シンプルで分かりやすく、馴染み深いチーム名にした。歴史/前身は1970年に創設された、松山サッカークラブ。2001年に現在のチーム名に改称し、06年にJリーグに加盟。エンブレムには、愛媛のシンボルである、石鎚山系と、県鳥のコマドリ。背景には瀬戸内海を思わせる波が描かれている。

「愛媛FC」の記事一覧
【2021年J2「個人昇格候補ベスト11」!】「C大阪入り濃厚報道」の岡山・FW上門知樹、北九州の「絶対的エース」高橋大悟も選出!!【MF~FW編】(2)【フォーメーション図】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【2021年J2「個人昇格候補ベスト11」!】浦和レッズが狙う大宮の右サイドバック馬渡和彰、京都のJ1昇格を牽引した強力CBヨルディ・バイスはどこへ?【GK~ボランチ編】(1)【フォーメーション図】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【J2最終節「非情な残留争い」】「最下位でJ3降格」松本が掲げていた「勝点84・得点84」の呪縛!北九州、愛媛が“割り切れなかった”「ポイントゲッターの存在」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2最終節「非情な残留争い」】「19位」“待つ”相模原に届かなった「吉報」…愛媛、北九州、松本と共に降格、J3からは熊本と盛岡が昇格!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2「生存競争」】ポポビッチ町田は「3年計画」最終年へ――大分、仙台、横浜FCが「降格」“熾烈必至”22年シーズンを「勝ち抜くクラブ」は?【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2「生存競争」】愛媛と松本の「J3降格」が決定…「12・5」最終節、「勝点3差」群馬、金沢、大宮、相模原の生き残りバトル!!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【壮絶なサバイバルJ2残留争い】「絶対絶命」降格圏にいる相模原、愛媛、北九州、松本の4チームに「共通すること」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【熾烈すぎるJ2残留争い】「4チーム降格」!!当確ラインは勝点「41」!14位山口、15位栃木はすでに「安全圏」か【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2最終盤の死闘】3位・甲府「痛恨ドロー」、琉球は来季を見据え「監督交代」、「最下位」名波松本が入った「出口の見えないトンネル」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2最終盤の死闘】首位・磐田「90+7分」の歓喜爆発!検査入院で不在・鈴木政一監督に届けたMF山田大記の「股抜き決勝ゴール」!!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2から世界へ!!】北九州を牽引「ロッベン級スーパーゴール」MF高橋大悟と愛媛で「ゴール量産」MF川村拓夢の「世界基準の左足」【久保建英、冨安健洋を追うJ2の綺羅星スター/戸塚啓のJ2のミカタ特別編】(2)
戸塚啓
【J2から世界へ!!】櫻川ソロモン、190センチ91キロ「世界基準サイズ」からの豪快ヘッドと柔らかなボールタッチ「パリ五輪のエース候補」!【久保建英、冨安健洋を追うJ2の綺羅星スター/戸塚啓のJ2のミカタ特別編】(1)
戸塚啓
  1. 1
  2. 2
  3. 3