著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(2)日本対メキシコ 原口元気「強烈ミドル」以上!“意外な一本のパス”
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「早朝の激論」(1)日本対メキシコ「霧中で見せた伊東純也のクロス」
大住良之,後藤健生
東京Vの18歳“強いMF”藤田譲瑠チマ(2)「中途半端なプレーはしない」パーソナリティ
後藤健生
東京Vの18歳“強いMF”藤田譲瑠チマ(1)J2で戦い抜くタフさとしなやかな「レジリエンス」
後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(7)8大会連続W杯ベスト16「メキシコ戦は決勝戦」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(6)柴崎岳は正念場?「メキシコ、ベルギー、イランは日本と相性がいい」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(5)次戦“メキシコ戦の日本代表”選出!「伊東は間違いない」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(4)鎌田と浅野と三好の評価「いろんな選手を呼ぶべきだった」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(3)3バックか4バックか…「サイドバックじゃなくてウィングを」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(2)久保建英と橋本拳人の課題「前半役に立ったのは2回だけ」
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年11月パナマ戦(1)「遠藤はスーパーだった。それに尽きるね」「驚きだったのは板倉」
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第33回「やっぱり盗聴してたんだ!」の巻
後藤健生
  1. 1
  2. 28
  3. 29
  4. 30
  5. 39