「田中碧」

田中碧(たなかあお)

Ao TANAKA。生年月日1998/09/10、 身長/体重177/69、 出生地・神奈川県。さぎぬまSCー川崎フロンターレU-12ー川崎フロンターレU-15ー川崎フロンターレU-18を経て、川崎フロンターレで2018/09/15にJ初出場。日本代表経験あり。19年にベストヤングプレーヤー賞を受賞。高いサッカーセンスを持ち、ボールタッチやパスワークの精度は抜群。攻守両面の要となるMF。趣味は読書とゴルフ。五輪代表(2020年招集)。

「田中碧」の記事一覧
【ワールドカップ最終予選】「ボランチには田中碧が欲しい」「五輪の延期はプラス」「五輪のときの酒井宏樹がいればスーパーだった」【中国戦の激論】(5)
大住良之,後藤健生
残る3冠も苦戦か―“中村憲剛ロス”より深刻な“三笘薫ロス”【川崎フロンターレ、ルヴァン杯敗退(2)】
サッカー批評編集部
【サッカーW杯最終予選】日本完敗の激論(8) 「森保一監督は、本当に選手を変えるだけだった」「大迫勇也に代わる存在」
大住良之,後藤健生
【サッカーW杯最終予選】日本完敗の激論(4)「酒井宏樹、植田直通、守備のミスが何度もあった。そりゃ点も入るよ」「悪いのが出きってくれたらいいんだけど…」
大住良之,後藤健生
【サッカーW杯最終予選】日本完敗の激論(3)「これはダメだ」と思った失点直前の中断シーン「10試合で勝ち点20ならOKだけど…次の中国戦は絶対に負けられない」
大住良之,後藤健生
【サッカーW杯最終予選】日本完敗の激論(2)「VARがきっかけでスイッチが入ると思ったら…」「良い攻めができずに負けたのは大問題」「6月までの鎌田大地とは違っていた」
大住良之,後藤健生
横浜FMより「最大で10試合」多く戦う川崎F「川崎フロンターレと横浜F・マリノス」【J1死闘】(3)
後藤健生
シャルケ04板倉滉とフォルトゥナ・デュッセルドルフ田中碧の「元川崎フロンターレ」「東京五輪」日本代表対決の行方、アペルカンプ真大の「美しすぎる先制弾」とは?
サッカー批評編集部
ドイツでも輝く田中碧、デビュー戦「途中出場でもファン投票マン・オブ・ザ・マッチ獲得」ファンを掴んだ圧巻プレー
サッカー批評編集部
日本代表・森保一監督に「使ってほしい!」選手3人(ディフェンシブ編)ロシアで攻撃開花のボランチをスタメンに!ドイツ挑戦の若武者、東京五輪で評価を上げたユーティリティー選手も
サッカー批評編集部
川崎フロンターレ「我が道を行く」特殊性【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」(3)
後藤健生
大迫勇也、元バルセロナFWボージャン、各国代表選手がJへ【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」(2)
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 18
おすすめ