「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
2021年Jリーグ動向「3人の新監督」(1)ロティーナは「清水に最適任」監督
後藤健生
浦和レッズ2021「優勝もある」(2)「最大の変化」を呼ぶのは青森山田出身2年目MF武田英寿
大住良之
浦和レッズ2021「優勝もある」(1)リカルド・ロドリゲス新監督の「ミシャ時代の攻撃+前線からの守備」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 連載第45回「ドイツ人はPKを“11メートル(Elfmeter)”と呼ぶ」(後編)
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 連載第45回「ドイツ人はPKを“11メートル(Elfmeter)”と呼ぶ」(前編)
大住良之
危ぶまれる東京五輪(1)森喜朗組織委会長の止まらない失言
後藤健生
J2からJ1へ!大沸騰「個人昇格」攻撃編(1)“走る栃木”の象徴・明本考浩と万能ストライカー・ディサロ【J2のミカタ特別編】
戸塚啓
「浦和レッズ」2021年の予想布陣&最新情勢「個から組織へ」転換点のシーズンに
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 連載第44回 「監督たちの『檻』」
大住良之
【2/1更新! 移籍動向一覧】「J1全20クラブ編」若き才能が欧州へ! 元ナポリDFやベトナム代表GKも来日!
サッカー批評編集部
スペイン人指導者の目に映る日本サッカー(2) 本場の目利きをも魅了するJクラブとその理由
サッカー批評編集部
【1/22更新! 移籍動向一覧】「J1全20クラブ編」Uー20ブラジル代表や新ルートも! 外国籍選手が続々上陸へ
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 19
  3. 20
  4. 21
  5. 31