連載記事一覧

後藤健生の「蹴球放浪記」第134回「ウルグアイで見つけた超傑作テレビCM」の巻(2) わずか30秒に凝縮された国民の複雑な気持ち
サッカー批評編集部
サッカー批評編集部
2022.11.03
ウルグアイは、栄えあるワールドカップ最初の王者である。古豪の印象も強いが、その根底にはサッカー文化が根付き続けている。蹴球放浪家・後藤健生は、その一端を目撃した。 スペインから独立して約200年、世界史に影響を与えるような事件などほとんど…
後藤健生の「蹴球放浪記」第134回「ウルグアイで見つけた超傑作テレビCM」の巻(1)バールの男たちからにじみ出る諦念と、その本心
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第133回「運転手へのチキッティブン」の巻(2)サポーターからの称賛のチャントが渦巻いたバス
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第133回「運転手へのチキッティブン」の巻(1)選手団さえも巻き込まれた大渋滞
後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第100回「健全な失点数」(3)イタリア代表とセリエAが誇った「カテナチオ」の変遷と功罪
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第100回「健全な失点数」(2)「法則」に抗った第1次モウリーニョ政権のチェルシーと、「その上」を行ったイタリアの地方クラブ
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第100回「健全な失点数」(1) サッカーとは「1点と2点の間のゲーム」
大住良之
後藤健生の「蹴球放浪記」第132回「優しすぎてイライラする日本の路線バス」の巻(2)アルゼンチンでは運転手も乗客もサバイバル
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第132回「優しすぎてイライラする日本の路線バス」の巻(1)同じ路線でもライバル関係で成り立つ韓国
サッカー批評編集部
まるで”映画の予告編版”も!「宿命のライバル対決」を前に、オウンゴール動画などで盛り上がる! ブンデスリーガとドルトムント、バイエルンの激しき前哨戦
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(2)南米では暴れるファンも鎮圧する警察も「プロ」
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(1)注意が必要な南米での試合観戦
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第99回「GKが止めるのか、グローブが止めるのか」(3)進化の最先端はドンナルンマの「トゲつき」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 64