宮本恒靖、電撃解任!(2)他の監督にあって“ツネ様になかったもの”と求心力の画像
G大阪から解任が発表された宮本恒靖監督 撮影:中地拓也
※その1はこちら

 低迷するガンバ大阪が決断した!

 5月14日、クラブは5月13日付で宮本恒靖監督との契約を解除したと発表した。当面は松波正信強化アカデミー部長が監督を兼務し、後任監督は決定次第、発表するという。チームは現在18位と低迷。コロナでチーム活動がままならなくなったとはいえ、1勝4分5敗という成績による事実上の解任だ。

 言うまでもなく宮本監督はクラブのレジェンドであり、昨季の躍進を導いた指揮官。リーグ2位に天皇杯準優勝という結果は、圧倒的強さを誇った川崎フロンターレには及ばないものの、それに次ぐ成績。クラブとしては、断腸の思いで下した決断だったに違いない。

 ただし、レジェンドだから、躍進を導いたからといって、宮本監督に強大な求心力があったとは言えないのが難しいところ。

 あるクラブ関係者は、「少なくとも選手からの求心力はなかった」と明かす。

遠藤保仁今野泰幸米倉恒貴という日本代表経験者がクラブを去ったのも宮本監督体制でのこと」と話すように、「クラブ改革」と「求心力」のはざまで移籍していく選手も多かった。山口智コーチがクラブを去ったことを指摘する声もあるが、「宮本監督からの信頼度がもとから強かったとは言えない関係性だったから、あくまでも限定的」との声もある。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4